新車に比べて下取り価格が安い

ほとんどのクルマは中古になると価値が下がる

当然ながら新車と比べて中古車の下取り価格は安くなります。例えば購入してから一度も乗っていなくても、登録手続きをした時点でクルマの価値は下がってしまいます。自分の所有物にした時点で、運転の有無や走行距離とは関係なく中古車という扱いになるのです。展示車や試乗車などは新古車になることが多く、これは極めて新車に近い状態ですが、分類上は中古車になります。プレミアのつく特別車両であれば、中古車でも超高値で売れるケースがありますが、ほとんどの車両は中古になって値が上がることはありません。無理に店舗側と交渉して中古車の下取り価格を上げてもらうと、新しく購入する新車や中古車の割引額が小さくなる可能性が高いです。

走行距離と登録手続きからの年数が価値を左右する

中古車の価値に大きく影響する要素として走行距離があります。クルマは消耗品という扱いで、走行距離が多くなるほど消耗が進行していると考えられるからです。一般的に10万kmを超えると価値が著しく低下します。また3万kmや5万kmなどの大台に到達したときも価値が下がります。少しでも中古車を高く売るならば、できるだけ3万km未満の状態で売るのが好ましいわけです。走行距離以外では登録手続きからの年数が大きく関係し、年数に比例して売り値は下がっていきます。クルマはまったく乗らなくても経年劣化の影響を受けるため、例えば購入してから一度も乗らずに1か月後に売却するようなケースにおいても、購入時より値はかなり下がるのです。