最初からドライブレコーダーやETC車載器が搭載されていることも

リーズナブルな価格で買う事が出来る中古車

2000CC強のミニバン・2000CC弱のコンパクトカーなどの新車を買う場合は、300万円台、400万円台といった価格帯になる事がほとんどで、手を出しにくい価格帯に感じる人が多くいる事と思います。そんな時にリーズナブルな価格で買えるのが中古車であり、中古車販売サイトでは新車の2割引~5割引といった価格帯で売られています。その中でも、車内前方にドライブレコーダーがすでに備え付けられているタイプは、数万円の出費をしないで済む事から、初期投資をかなり抑える事が可能となっています。なお、高画質なHD画素の1080、720で録画できる製品の場合は、内臓HDDの容量が短時間で一杯になってしまう可能性があるので、別に大容量のカードを買っておくのが良いでしょう。

ETCが搭載されていると便利

ドライブレコーダーに加えて、すでに搭載されていると便利なのが高速道路・有料道路を利用できるETCであり、本体購入費用と設置費用が掛からないメリットがあります。ただし、以前のナンバーのままで走ってしまうと利用規約違反の可能性があるので、中古車販売店かカー用品販売店で再セットアップをする必要がある点には注意しましょう。再セットアップは、5千円以内で出来る事がほとんどで、ETC車載器の名義と中古車取得者のナンバーに変更するのが主な中身となっています。中古車購入時に販売店のスタッフに言っておけば、納車時までにセットアップを終えていてくれるのがほとんどなので、すぐに高速道路を使いたい場合は商談時・購入時にセットアップを依頼しておくのが良いでしょう。